キャットフードの国内産と海外産

国内産と聞けば安全と思いがちな日本ですがキャットフードに関してはそうではありません。輸入品と聞けば安全ではないと思い国内産を選ぶ飼い主の方もきっといることでしょう。今はプレミアムフードも充実しそして害のないキャットフードが主流になりつつあります。猫を可愛がっているのに与えるキャットフードに発がん性の添加物や消化のできない穀物などが入っていたらどうでしょうか。

日本のキャットフードに対する基準が低いことからどうしても安価で品質も悪い物を購入してしまうことが現実です。そのため飼い主自身が知識を取り入れることが大切です。もし愛猫の便の量が多いや下痢などをしている場合はキャットフードの成分を必ず確かめることをおすすめします。

海外産のキャットフードは動物愛護先進国であったり、そもそもの基準が日本より高いため穀類の使用も少ないものや全く使っていないものも多くあります。国内産で安価なものは主原料が穀類でさらに家禽ミールの使用率が高いです。プレミアムフードだからといって穀類が不使用なわけでもありません。どれを選べばいいのか分からなくなる前に飼い主の方が知識をつけることをまず徹底しましょう。

カナガンのキャットフードがおすすめ!

家禽の危険度

キャットフードに含まれる家禽の正体を紹介します。

家禽ミールは色々な物を総称して「家禽」という名前がつけられています。詳しく言うと動物の肉以外の部分を指します。爪や羽、血液や内臓そして骨も入ります。これらには猫が必要とするタンパク質はなくもちろん必要とする栄養素などは一切入っていません。食べ続けると蓄積され体調を崩す可能性の方が高くなります。

原産国が日本だからと安心していてはいけません。海外で製造されているキャットフードの方が基準も高く家禽ミールを使っていないことの方が多いです。イギリスでは動物愛護先進国であることからキャットフードはヒューマングレードのものがたくさんあります。そしてアメリカでも羽や頭、内臓以外という決まりもあります。なぜ日本では使用するのでしょうか?

家禽ミールが良くないと分かっていてもペットと人間の差があることや費用の問題があるからではないでしょうか。まだまだペットの位置づけも低いことから安価なキャットフードも売れます。そして安価なキャトフードを作るためにはかさましが必要になります。何よりも利益重視というところが目立ちます。最近では安価なキャットフードでも少しずつ改良され害のないものを使用されるようになっています。

カナガンのキャットフードがおすすめ!

キャトフード「ティンバーウルフ セレンゲティ」

パッケージにはライオンが描かれていてインパクトのあるキャットフードです。この「ティンバーウルフ」は原産国がアメリカで主原料はチキン(生)、ニシンと新鮮な鶏肉を使用しています。さらに嗜好性の高いチキンレバーを入れることで猫の食いつきをよくします。酸化防止剤はミックストコフェロール、ローズマリー抽出物と天然由来成分なので安心して与えることができまた猫本来が肉食であることを理解したキャットフードです。スイートポテトを含むことで食物繊維も豊富になり便の排出をよくするだけではなく腹持ちもよくするので肥満体質の猫にもあたえることができます。オメガ3脂肪酸は毛並みや艶を出す効果もあります。

「ティンバーウルフ」は1袋1.36kgで3,024円(税込)です。カロリーは100gあたり356kcalで比較的ヘルシーだと言えます。口コミでは袋を開けた時の匂いが強いようで食いつきがいい猫とそうでない猫に分かれているようです。レンダリングミール(肉粉)は使用されていないので生肉へのこだわりが感じられます。粒の大きさは10ミリ~12ミリで一般的なキャットフードと同じぐらいで形は丸ではなく三角です。パッケージにはチャックが付いているので保存も楽にできます。

カナガンのキャットフードがおすすめ!