キャットフードの国内産と海外産

国内産と聞けば安全と思いがちな日本ですがキャットフードに関してはそうではありません。輸入品と聞けば安全ではないと思い国内産を選ぶ飼い主の方もきっといることでしょう。今はプレミアムフードも充実しそして害のないキャットフードが主流になりつつあります。猫を可愛がっているのに与えるキャットフードに発がん性の添加物や消化のできない穀物などが入っていたらどうでしょうか。

日本のキャットフードに対する基準が低いことからどうしても安価で品質も悪い物を購入してしまうことが現実です。そのため飼い主自身が知識を取り入れることが大切です。もし愛猫の便の量が多いや下痢などをしている場合はキャットフードの成分を必ず確かめることをおすすめします。

海外産のキャットフードは動物愛護先進国であったり、そもそもの基準が日本より高いため穀類の使用も少ないものや全く使っていないものも多くあります。国内産で安価なものは主原料が穀類でさらに家禽ミールの使用率が高いです。プレミアムフードだからといって穀類が不使用なわけでもありません。どれを選べばいいのか分からなくなる前に飼い主の方が知識をつけることをまず徹底しましょう。

カナガンのキャットフードがおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です