イチゴ鼻を作らない方法と、できたしまったときの対処方法

aititex

 

鏡で顔を見ると「はあ~」っとため息をつくことがあります。見苦しいイチゴ鼻です。イチゴ鼻とは、鼻の毛穴にびっしりと皮脂や古い角質が詰まった状態のこ とで、ブツブツとイチゴのような表面になっている鼻のことです。なぜこんなになるのでしょうか。顔の表面を洗っても、毛穴の中の皮脂や角質は簡単にとれな いことがあります。それが長い期間かけてたまってくると酸化し、黒くなってしまいます。これがたまった状態がイチゴ鼻なのです。きれいにしようとして毛穴 パックをすると、毛穴が開いてくれますが、毛穴の汚れが取れた後も開いたままになることがあり、またそこに汚れがたまってくるという悪循環が起きる事があ ります。また無理に毛穴から皮脂を搾り取ろうとするなら確実に皮膚を傷めてしまいます。
どのように対処したらいいでしょうか。今日のメイクは今日の終わりにきれいに落として、翌日に残さないことです。肌に合ったピーリング効果のある石けんや洗顔ジェルでメイクの汚れを丁寧に落としましょう。
お風呂で半身浴をして、顔の表面もじゅうぶん汗をかくようにしましょう。そうすると鼻の毛穴から汚れを汗と一緒に流し去ることができます。
それでもどうにもならないことがあります。そんな時は美容クリニックに相談してみてください。良いアドバイスを教えてもらったり治療してもらうこともできます。
イチゴ鼻を解消するには、汚れが目立ってからなんとかするのではなくて、毎日鼻の表面をやさしくケアすることが必要なんです。

 

美容健康総合サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です