くせ毛のスタイリングを決めたい

51歳会社員です。
 スーツを着る機会が多いのですが、とくに襟の近くの髪の癖が強い上、細くて量が多いので、ピシっとした感じにスタイルが決まりにくいというのが悩みでした。少し伸ばそうものなら、まとめないとだらしない感じになってしまいます。雨の日だけでなく、汗をかいても首周りの髪の毛がはねてしまって、せっかく朝スタイリングしても長持ちしません。シャンプーやヘアスタイルを時々変えながら、長年スーツに似合うようにスタイリングしたいと思い続けてきました。

 対策ですが、まずノンシリコンシャンプーは必須です。出回り始めた時、「ちょっと高いかな」と思いながら試してみたら、これがけっこう落ち着きました。季節によってタイプを変えて使っています。それからヘアオイルも併用しています。美容院で進められたホホバ油入のものは、香りもよくて、さらっと落ち着きます。これを、ブロー前に毛先を中心につけておくと、まとまりやすくなります。また、やはり、トリートメントも髪を落ち着かせてくれる効果があります。

 しかし、何といっても、腕のいい美容師さんにカットしてもらうことが一番だと、つくづく感じています。引っ越しを機に美容室も変えたのですが、今の美容師さんは、きちんと私の髪質や癖を見極め、長い目で先を見ながらカットしてくれます。カットの仕方によって、ラインの出方や、髪のまとまりがこんなに違うとは思いませんでした。技術のある美容師さんのいる美容室で相談するのが、悩み解決の近道ではないでしょうか。
また、くせ毛のうねり対策も参考になります。

金の切れ目が縁の切れ目?お金の芋づるにならないために?

広島で借金返済

私の友人というのは、すごく恋愛に対しては一途な人です。
そんな彼女は、久々に彼氏ができ、最初から本当にほれ込んでいて、「大好き」「愛している」という言葉を私にもよくのろけるように言っていました。そして、彼らはなんと5年ほどトータルで付き合い、同棲するようになりました。

付き合ってすぐに私は海外に住み始めてしまったので、なかなか彼女の話を聞くことができなかったのですが、彼女はなんと彼といつの間にか破局していました。 その理由は彼が失踪したからです。それだけならまだしも、彼女は彼のために借金をしていたのです。

そうです、彼女が彼のために借金したお金をずっと返す羽目になることになったのです。

そもそも彼女が借金したのは、彼と新しい家を借りるためにまとまったお金が必要だったのになかったので、消費者金融に手を出してしまいました。 借りた金額はおそらく50万円くらいですが、とにかく利子が高いことで有名な消費者金融です。

彼が失踪してから5年以上経ってやっと借金を返済できると、借金完済直前に会う機会があったのでそう言って喜んでいました。
しかし、今度は結婚しましたが、マイホームがほしくても、自分の消費者金融からの借金があった経歴があだとなってなかなかマイホーム購入ができないと落ち込んでいました。今は広島で借金返済をしているようです。 これを聞いて、簡単にお金が借りられる所に手を出す気持ちもわかりますが、借金せずにお金が貯まるまで待つなどすればよかったなと思いました。